ブログ|株式会社アミューズ・コーポレーション

オフィシャルブログ

蘇州 GT-SHOW

少し前の話になってしまいますが、中国蘇州で開催されたGT-SHOWに参加してきました。中国のディストリビューター、ZERO RACING様のブースをメインにお邪魔してきましたが、世界の有名メーカー様の仲間に入れて頂きとてもありがたいです。

 

ZERO RACING様は、かなりハイクオリティのブースで一際目立っていました。格段にセンスが良かったと思います。

BBS様をはじめ、RAYS様、YOKOHAMA様が展示されていて、日本メーカーの人気もしっかりと感じられました。

 

日本に比べて若者が多いように感じました。

RZ34も人気でした。

FL5もチューニングパーツが多かったです。

じっと見つめている人が多いホイールです。気持ちは分かります。

 

トラックも人気でした。

使用してみたい触媒です。容量が大きいサイズが豊富で選択肢の幅が広いです。

フェラーリやランボルギーニはほぼ展示されていなく、スポーツカーは日本車とM4,AMG GT が多いように感じました。

「偽物」ではなく「安物」という感覚。

アジア各国で何故?と思っても答えが出なかったのに、あっさり答えが出ました。

 

 

朝から夜まで展示会会場に居ましたが、とにかく皆さん働いていました。会場内でも会場外に出ても人の力が漲っているように感じました。単純にパワーがあるように思います。特に若者。

設営時も積極的に働く若者がとても多いように感じました。多くの若者とグーグル翻訳のお陰で話が出来ましたが、文化の違いはかなりあるものの、私は良い印象を多く持ちました。

自分の目で見たものしか信じないスタイルですが、目からウロコのオンパレードでした。最も驚いたのは、日本語をまずまず話せる若者が多かったこと。何で?と思います。良かったのは、菜根譚や小学・大学・孟子をよく読んでいたことを話したら、話が盛り上がったこと(日本の文化について積極的に聞かれました)

水墨画のイメージがある山東省は、趣味が携帯ゲームの若者にとっても中国の誇りでした。

今回最もしくじったのは、会食の席でウィスキーが小さなデカンタに入って円卓の数か所においてあったのですが、お茶と間違えて注いでくれた方がいて、(ウーロン茶と全く同じ色でした)知らずに飲んでへべれけになってしまい翌日も夕方まで具合が悪くなってしまったことです。

空港から電車と新幹線を乗り継ぎ、タクシーにも乗って今の中国の文化を少し理解できた気がします。中国のお客様がもっと買いやすいように写真や動画をしっかりと撮らなければと勉強になりました。

お世話になったZERO RACINGの皆様、大変ありがとうございました。

 

Attack筑波2024

2月17日のAttack筑波に参加の為、2月16日(金)と2月17日(土)の2日間、臨時休業とさせて頂きます。

FAXとメールの返信は、2月18日(日)以降になりますので、ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

 

 

 

2024オートサロンご来場の皆様、ありがとうございました

2024オートサロン弊社ブースにお立ち寄りよりいただきました皆様、大変ありがとうございました。

今年はFL5シビックの展示と商談スペースだけのブースでしたが、3日間ほとんど休む時間も無いくらい沢山の方がいらしてくださいました。

オートサロンで発表した「100本限定FL5用チタンタワーバー」は、金曜日だけで半分以上の受注をもらいました。ありがとうございます!

 

スタッフジャンバーを着用せず、少し離れたところでお客様の本音の会話をずっと聞いていましたが、色々と非常に参考になりました。

 

沢山の色を用意しましたが、一番人気はやはり「黒」、パーカーよりもジップパーカーが人気と思いきや、圧倒的にジッブ無しパーカーが人気でした。

 

多くの海外のお客様から声を掛けられ、楽しかったです。

また、海外の弊社代理店様もほぼ全社様にお立ち寄り頂き、嬉しかったです。

ありがとうございました!

 

帰路はトコトコとゆっくり雪道を戻りました…。

強風の幕張も寒かったけど、秋田も寒いです!

 

FL5 エンジンルームブレースバー

2024オートサロン発表新商品①
FL5用 R1TITANエンジンルームブレースバーが完成しました。
オートサロン6ホール(中ホール)にて車両を展示します。
メーカー系チューニングパーツメーカーM社で多くの製品を開発してきてホンダ車のチューニングを知り尽くすと言っても過言ではないマフラー工場の弊社担当者が設計・監修し、数々のチタンマフラーや、チタン工業製品を製作している工場のノウハウを最大限に出し尽くして、日本製鉄製デザインチタン「トランティクシー」で製作したエンジンルームブレースバーです。
なぜFL5は純正でタワーバーが付いていないのか?
その理由を考察し単純なボディ剛性上昇を狙ったのではなく、車両の微振動を軽減し、ステアリングフィーリングの向上を目的とし、製品自体の重量を抑えデメリットは極限まで排除して完成したエンジンルームブレースバーです。
タワーバーとしての役割を最大に生かすため、左右のストラット間を直線状に接続。
サスペンションアッパーマウントの取付剛性も向上させるために、耐熱合金チタンの厚板を使用。
ブラケットとバー部分をねじ止めではなく、ボックス形状のブラケットを溶接して1本物のFL5専用設計にすることで、チタン素材の引張強度を極限まで生かす設計。
アッパーマウントブラケットも専用設計で製作、チタンパイプ2本も専用設計で曲げ加工し、最後にチタンパイプとチタン板を溶接。この長さで製品が反らないように強度を保つ溶接をするのは至難の業ですが、熟練の職人が製作しております。
素材 日本製鉄製チタン トランティクシー
制作 燕三条の職人
オールメイドインジャパン
全世界100本限定。
ナンバー入り。
デリバリー 2024年5月~
2024 Auto Salon Presentation New Products (1)
R1TITAN engine room brace bar for FL5 has been completed.
The vehicle will be exhibited at Auto Salon Hall 6 (Middle Hall).
It is designed and supervised by our person in charge of the muffler factory, which is not an exaggeration to say that he knows all about tuning of Honda cars, having developed many products at the manufacturer-based tuning parts maker M. We have maximized the know-how of the factory that has produced many titanium mufflers and titanium industrial products to produce this product, and we are proud to announce that it is made in Japan. This engine room brace bar is made of iron design titanium “TranTixxii”.
Why is the FL5 not equipped with a tower bar a on a stock car?
We have considered the reason and completed this engine room brace bar not aiming to simply increase the rigidity of the body, but to reduce the slight vibration of the vehicle and improve the steering feeling, while minimizing the weight of the product itself and eliminating any disadvantages to the maximum extent.
In order to maximize its role as a tower bar, it is connected in a straight line between the left and right struts.
To improve the rigidity of the suspension upper mount, a thick plate of heat-resistant titanium alloy is used.
The bracket and bar sections are not screwed together, but rather a box-shaped bracket is welded together to create a single, genuine FL5-specific design, a design that maximizes the tensile strength of the titanium material.
The upper mount bracket was also exclusively designed and manufactured, two titanium pipes were also exclusively designed and bent, and finally the titanium pipes and titanium plates were welded together. It is extremely difficult to weld this length to maintain the strength of the product without warping it, but skilled craftsmen have produced this product.
Material Titanium made of Japanese iron TranTixxii
Production Tsubame-Sanjo craftsmen
All Made in Japan
Limited edition of 100 pieces worldwide.
Numbered.
Delivery May 2024~

GR YARIS を商品に追加しました

GR YARIS用 R1TITAN STTIを商品に追加しました。

メインパイプ70φ サブサイレンサー内70φ メインサイレンサー内部は50φ×2で、70φストレート構造を保っています。

 

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

今年度はチタンマフラーだけでなく、チタンブレースバーとチタンタワーバーの開発を進めていきます。

ボディ剛性向上を主としたブレースバーと、衝撃吸収と走行ノイズ低減の目的を主としたブレースバーを車種毎に展開していきます。

皆様にとって幸多い1年であり、そして健康に楽しく過ごせる1年でもありますよう心よりお祈り申し上げます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

ホームページをリニューアルしました。

apple-touch-icon.png

今後ともよろしくお願いいたします。

LAN